腕時計のケースは一般的な丸形より長四角形がおしゃれだと俺は思う

腕時計のケース
一般的には丸形のラウンド型が多いです。
円形の歯車を着見合わせる構造上、ムーブメントを円城に設計するのが一番合理的です。
それに円形丸型にするのは防水を考えると最も実用的だった面もあります。

ロレックすが1929年に作ったオイスターはケースのバックをスクリュー式にしてしかりとケースを閉じることに成功しました。
これは貝のオイスター(牡蛎)が名前の由来です。
レクタンキューラー(長方形)やトノー(樽型)などの変形ケースでこの手法が使えません。
ですので防水性能が著しく劣るのです。

腕時計のケースで四角形型や長方形型は、
とても「おしゃれだったのですが機能性実用性では丸型に軍配が上がってしまっていました。
デザイン的に優れていても機能面実用面で物足りなかった変形ケースでしたが、加工尾技術の向上やパッキンの進化によって防水レベルは格段に上がっていきました。
しかし、その中で四角や樽型の変形ケースで絶大な人気を獲得した腕時計メーカーが現れました。
それはあの「フランクミューラー」です。
天才腕時計師と言われたフランクミューラーが発表した樽型(トノー)や長方形(レクタンキュラー)のケースをまとった現代的でzぁ因果一世を風靡したのです。

今まで丸型ラウンソ型いぺんとうだっや腕時計の世界に大きな衝撃を与えました。
付けているだけでお洒落な変形ケースの腕時計。
いままでは一部の腕時計の商品でしか採用されていなかった長方形や樽型の腕時計が一気に増えたのも彼の功績は大きいと言えます。

タグホイヤーの「モナコ」
簿いくはこの四角形のケースの腕時計が好きです。
誕生からもう40年を超えているのに未だに人気がのあります。
あの映画「栄光のル・マン」で人気のスティーブ・マックイーンが身につけていたことも有名な話です。
とはいっても今のい人たちには知らない名前かも知れないですね。

まあ、とにかく丸型に比べて変形の腕時計ケースはあくまで亜流なので人気のはやりすたりは激しいのも事実です。

ロレックス 放置 止まる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です