子供の能力は机に向かう姿勢を見ればだいたいわかる

子供の能力や性格は背中に表されている!
そう言ったらあなたは信じますか?
少なく樋も「積極的か?」「消極的か?」それくらいは誰にでもわかります。
またい今まさに「成績がぐんぐん上がっている子なのか?」「成績が伸び悩んでいるか?下落してきている?」もわかります。

でも、これって第三者の目から見ればいとも簡単い分かるのですが、親ともなると客観的にみることができません。
では、どうやってみればいいのでhそうか?
それはズバリ
・勉強中に机で頬杖をついている。
・寝るような体制で机に鵜向かっている
・そわそわと落ち着きがない
など勉強中の机に向かう姿勢で分かります。

逆に、机に向かう姿勢が背筋をピンと伸ばしているこは「成績が上が手着ている」「積極威的」:な子供です。

たかが姿勢と侮ってはいけません。
そもそもだらけた姿勢では勉強に集中することさへ無理なのです。

勉強中にだらけた姿勢をとっているのは、勉強に集中できていない証拠です。
集中して勉強していないから「成績が良くない」のです。

「勉強しなさい」という前に「姿勢を正しなさい」と注意するほうが効果的な場合が多いことをしておきましょう。
姿勢が変われば、成績も変わるなんて信じられませんよね。
でも、心と体は密接な関係を保っています。
良い姿勢こそ「心を正し」「集中力高め」「物事に真剣に取り組む」いわゆる「型」なのです。

勉強の成績をうるさく言うよりも、勉強中の姿勢についてうるさく言うべきです。
武道の世界でも、茶道の世界でも、書道の世界でも、将棋の世界でも、そろばんの世界でも
すべて姿勢のことについてはうるさく指導されます威。
それくらい姿勢は大切なことなのです。

おそらく「そんな姿勢をよくするだけで成績が上がるなんて」と信じない親御さんがほとんどでしょう。
でも、良い姿勢の子供ほど成績は良いのは紛れもない事実です。
だからこそ、姿勢だけでも改善するべきなのです。
姿勢が良くなったから成績が上がったのか?
成績が良くなったから姿勢が良くなったのか?
それは誰にもわからないかもしれませんが、姿勢は大切なんです。
共働き 習い事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です